スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

褒めるとゆうこと 

おかあさんがモカ家に遊びにいったとき
決まってモカはハイテンションで大喜びするんだそうな。
興奮して尻尾の付け根をピコピコピコピコ(笑)
やっと落ち着いて大人しくなったなと思って

「イイ子♪」

って褒めたら、
モカ嬉しくなってまたまたハイテンションでピコピコ(笑)
モカは褒められるのが好きみたいです。

どうしてこんな話かと言いますと、
ずっと前に行ったペットショップ主催のしつけ教室でのこと。
トレーナーの先生が、
「イイ子」って言っても嬉しそうにしない子は
自分が今褒められていると分かっていない子だとおっしゃってました。

なるほどなと。
その当時のルーチョは褒められてるって事が
イマイチ分かってなかったように思うんです。
でも、モカは褒められると嬉しい。
つまり今自分が褒められてると分かってるってことです。
それに対してルーチョは、
褒められてるのにあまり嬉しそうにしないとゆうかクールとゆうか
そうゆう反応をする時があるんですよね~。
「嬉しいけど、態度には出さないぜっ」
みたいな・・・
時に天邪鬼な反応をするルーチョくん(^_^;
このっ、嬉しいくせにっ! みたいなね(笑)



ただむやみやたらに「イイ子♪」って言ってても
犬にはそれが何をさしてどうゆう事なのか伝わりません。

一緒に生活していく上で
やっちゃイケナイ事をしたら叱りますよね。
叱られればワンはシュンとなっちゃいます。
逆に好ましい行動をした時に褒めればワンコは嬉しいハズです。
要は、褒めるだけじゃなく、叱ることも必要なのかなと。
叱られる事を覚えると
褒められた時に嬉しいと感じるようになるのじゃないかと思うんです。

例えば、
まだ迎えてそんなに日にちがたってないパピーだったら
おやつを使って、「イイ子♪」ってゆう言葉に被せるようにすると効果があると思います。
イイ子♪=美味しい=嬉しい
こんな感じでしょうか^^

またはある程度一緒に暮らしてるなら
ニッコリ笑って「イイ子♪」
これで通じるんじゃないかなと思います。
別に尻尾を振るばっかりが嬉しいサインでもないですしね~。
全体の雰囲気や耳の動き方や位置なんかでも分かるとゆうもんです。


1108-11.jpg


いや、それは正しくないと思うな。
たまにイイ子なら分かるけど^^
例えばどの辺がイイ子なのさ、言ってみな。


1108-12.jpg


それはオモチャをガジガジしてるだけでしょー。


1108-13.jpg


おおっ
いつもいつもオモチャ壊してるよな(ーー;
今までどんだけ壊してきたことか・・・。



1108-14.jpg


いや、そんな上から目線で言われても・・・
なんかあんまり褒めたくないな おとうさん(^_^;










ランキングに参加しています。
↓メンドウでもポチポチッとお願いします。

スポンサーサイト

おいしい魔法の箱 

クレートトレーニングを再開してからとゆうもの
我が家のお坊ちゃんの日課となっているのが


1028-11.jpg


出たり


1028-12.jpg


入ったり
中を覗き込んでは確認してます^^
おやつが入ってないか入念なチェックをしております。
1日に何回も出たり入ったりを繰り返しているそうな(笑)
夜 おとうさんが帰宅したあと
寝るまでのわずかな時間の間ですら
何度も出たり入ったりを繰り返します。
じゃあ中に入って何をしてるのかと言うと  何もしてません^^
ただひたすらに おやつが降ってくるのを待っている^^プププ


そして面白いのが、
以前のクレート前向きの時はしなかった行動をとるようになりました。


1028-13.jpg


坊ちゃんとっても不思議そうに


1028-14.jpg



1028-15.jpg


クレートの周りを確認するようにぐるぐると回ります。


1028-16.jpg


そうだよー♪
これは 「おいしい魔法の箱」。
ルーチョが中に入ると上の穴や横から
ポトリ ポトリ とおやつが落ちてくる魔法のウハウハな箱だよ^^

ふふふ。
作戦大成功ってとこですね♪
ルーチョにしてみたら不思議なことこの上ないんでしょう。
中に入るとおやつが降ってくる。
しかも それが毎回じゃないから なお不思議!
一体どこから降ってくるんだ???
ってな気持ちなんでしょうね~^^

だから クレートから出てくると
必ずと言っていいほどクレートの周りをグルッと回って確認します(笑)
中に居るとおやつが降ってくるのに
クレートから出るとおやつの姿はどこにもない^m^
なんで? どして? な顔しながらぐるぐるぐるぐる^^

こんな光景が最近は毎晩見られます(笑)









ランキングに参加しています。
↓ おやつの為ならクレートも好きになるルーチョにポチッとね♪


クレートトレーニング再開です。 

先月の終わりにおとうさんとおかあさん旅行に行ってて、
その間ルーチョはばあちゃんちで預って貰っておりました。

その時にクレートも一緒に預けておいたんですね。
おとうさんやおかあさんならルーチョの扱いは問題ないのですが、
慣れてないじいちゃん・ばあちゃんは上手く扱えない。
ルーチョをサークルに入れるのも一苦労してたそうな。
リードを着けていればまだ何とかなっただろうに
リードすらも着けてないのだから上手く制御出来る訳がありません(^_^;
ルーチョにしてみれば怒る人も居なければ
制御出来る人も居ないのだから もうウッハウハです(笑)
制御の効かない壊れたスポーツカーと一緒(^_^;
じじばば組は言うことの聞かないルーチョに悪戦苦闘。
そこで仕方なしにクレートを使ってサークルに入れたり出したりしてた訳なんですが・・・

それプラス、ンコゆるゆる事件と重なったとゆうのもあって
クレートが好きではなくなったとこ持って来て
クレートに入ってもおやつが貰えない事態に。

それでより一層クレートに近づかないようになってました(^_^;
ふーむ、こりゃ困った。
それまではクレートに入れて扉を閉めても鳴かなかったのが、
それ以降は扉を閉めるとギャンギャン鳴くようになってましたからね。
これも 困った。。。

そうゆうことだったので
昨日しつけの先生に来て頂いた時に今後どうするか相談したところ
もう一度クレートトレーニングをしようと!
今までと少しやり方を変えてやってみようとゆう事になりました。



今までのクレートの向きは


1025-18.jpg

こうだったのですが、
これだとルーチョがクレートに入っている時に
おやつをあげようと思っても飼い主がおやつを入れている事が丸見えです。
これではせっかくのおやつも効果半減です。
なので今回からクレートの向きを


1025-19.jpg


このように変えてみました。
横向きです。
タンスの側に入り口を向けて、
出入り出来るように少しだけスペースを空けておきます。


1025-11.jpg


こんな感じ^^

この向きだとクレートの中におやつを入れる時に
飼い主が入れているってのがルーチョには分からない。
クレートの横や上の穴から ポン ポン とおやつを入れていきます。

すると、どうなるかと言うと
ルーチョにしてみればクレートに入っていれば
どこからともなく おやつが降ってくる♪ となる訳です^^
この箱に居れば おやつ食い放題♪ な訳ですね(^_^;
そう思わせるための作戦です。


それから扉を閉めるとゆう事の前段階として


1025-13.jpg


こうやってタンスにぴったりとくっ付けます。
こうすれば扉を閉めたのと同じ効果です。
この状態で


1025-23.jpg


ルーチョからは見えないとこから
クレートの中に ポイ ポイ とおやつを入れてやります。
もう ルーチョ ウッハウハ♪
おやつ祭りですよ(^_^;
とにかく何か知らないけど、この中に入ると上からおやつが降ってくると。
昨日1日だけでルーチョは元のクレート大好きっ子になりましたよ(^^)v
なんちゅう簡単な子なんだろか(笑)


坊ちゃんピンポンで激吠えするんですね。
昨日も先生がいらした時も最初のピンポンで激吠え。
でも、姿は見えなくても玄関に居るのが先生だと分かると
急に「キューキュー」と甘え鳴き^_^;
先生大好きルーチョですから、
先生が家に入ってくるともう熱烈大歓迎ですよ!
耳はペッタンコだし、尻尾は超高速回転して今にも落ちそうなくらいフリフリさせてます(笑)
そんな大好きな先生が帰られる時がこれまた大騒動なんですよ(^_^;
そうりゃあもう耳をつんざくすんごい激吠えですから・・・。

それも今のこのタンスぴったんこ作戦で解消出来ます(^^)v
実際に昨日この方法でやってみたんですが、もう バッチグーですよ♪
ルーチョがクレートに入っている間にこっそりと先生が帰っていきます。
ルーチョはクレートの中で大盤振る舞いおやつ祭り真っ最中(笑)
気付いたときにはリビングには先生は居ない。
あれ? なんで? なルーチョ君です^^

このルーチョから見えないようにおやつをあげるとゆうやり方だと
ルーチョはおとうさんやおかあさんからおやつを貰っていると思わない。
つまり、飼い主におやつの催促をしないとゆうメリットがあります。
だって、クレートの中に入っていると
上とか横とかの穴から ポトリ ポトリ とおやつが落ちてくるんですからね。
クレートに入って待っていればおやつが降ってくる。
そりゃあルーチョもクレート大好きになるってもんです^^
おやつが落ちてくる魔法の箱ですよ(笑)



あとは 「オフ」 のやり方を教わりました。
「オフ」 は拾い食い防止のためですね。
ワンコって一度口に咥えたら簡単には放しませんよね。
それを出来るようにする練習なのですが、これは難しいですね~(^_^;
ちょっとこれは時間がかかりそうです。
なので、これについては一定の成果が出てからまた報告しますねー。











ランキングに参加しています。
↓メンドウでもポチポチッとお願いします。


「静かにっ!」 

しつけの先生に定期的にみて頂いているルーチョ家です、こんばんわ。

さて、今日はルーチョの吠えについてのその後を少し書こうかと思います。
無駄吠え(当のワンからしたら無駄に吠えている訳ではないんですけど)で悩んでる飼い主さんは多いかと思います。
ウチもルーチョの激吠えにはちょっと困ってました。
いやいや、まだ直った訳ではないので、正確には今も困ってますがね(^^ゞ
ですが、少し改善されつつあるような気配が見え隠れしてきました。


吠えた時の対応の仕方として何種類かありまして
○ 大きな音や変わった珍しい音を出して、犬がそれに気を取られて吠え止む。
   吠え止んでるその時に褒めるというやり方。

○ おやつで気を引いて吠えさせないようにする方法。
   例えば、ピンポンが鳴るとおやつをあげる事で、
   ピンポン→おやつが貰える と学習します。

○ とにかくひたすら完全無視。
   これは飼い主の方が難しいです。

○ 鳴いたり吠えたりしたらコマンドで制止出来るように練習する。
   これも気長に継続して練習しないといけません。


我が家の場合はコマンドで制止するやり方を選択しました。
その子その子の個性によっても違うと思いますので、
試される場合は、自分ちの愛犬にどの方法が一番良いのかよーく考えて実行に移してくださいね。



あくまでもこれは
先生に教わった、我が家のルーチョの場合です。

ルーチョが吠える。
   ↓
「静かにっ!」 と声を被せる。
   ↓
吠え止んだら よーく褒める。

単純にこれだけです。
問題は「静かにっ!」っとひと言いったくらいじゃ泣き止まない場合です。
この時は泣き止むまで「静かにっ!」を言い続けて被せていきます。
強く吠えたら、それに負けないように
こちらも強い意志と強い言い方で「静かにっ!」を言い続けるんです。
で、吠え止んだら褒める。

これは、犬が吠える事そのものヤメさせるのではなくて、
吠えてもいいよと。
吠えてもいいけど、
こっちが「静かにっ!」と言ったら吠え止まなきゃイケナイんだよと教えてあげる事なんです。


犬の仕事とは


919-11.jpg


そう、吠える事。
少しくらい吠えてもいいんです。
これ以上鳴いたら周りの人やお客さんに迷惑だなと思うとこで「静かにっ!」 で吠え止むのならそれでオッケーだと。
モチロン 鳴いたり吠えたりしない方がいいに決まってますが
ウチのルーチョみたいにすぐにテンションが上がって興奮しやすい子はすぐにワンワンしちゃう。
だから、全く吠えさせないようにしてストレスを溜め込んでしまうより
吠えたらヤメさせるやり方があっているのかなと^^


ルーチョと日々一緒に暮らしていてその興奮度合いを見てみると
興奮度 弱・中・強・MAX の4段階くらいあるように思います。
今現在ルーチョがどれくらい「静かにっ!」で吠え止むのかと言うと

興奮度:弱     けっこうイケます。かなりな確率で吠え止みます。
     中     吠え止む時と吠え止まない時があります。
            吠え止んでもまたすぐに吠えたりとかも。
     強     全然ダメ! まったく通じてない様子。
     MAX    これは危険ゾーンです(^_^;
            この状態は一番危険な状態。
            興奮度MAXだと見境がない状態なので、ヘタしたら噛まれます。


「静かにっ!」 と声掛けして吠え止ますのは
この興奮度MAXにまで行ってしまわないようにする意味もあるんです。
早い段階で吠え止めばそれ以上興奮する事もないですからね。
とにかく、興奮させない・落ち着かせるようにするんです。
そのための「静かにっ!」なんですね。
興奮しやすいルーチョを如何にして興奮させないように出来るか!
これが一番の課題とも言えます。


先生には本当に助かってます!
どんな些細な事でも真剣に聞いて下さいます。
「こんなやり方?」 とか 「こうゆうやり方もありますよ」 とか色々と教えてくれます。
そしてルーチョに合ったやり方を探してくれます。

少しですがルーチョも改善されてきたかな?と思える時も出てきました。
それも全て先生のおかげです♪
まだまだ時間はかかりそうですけど、
あと何年か後には、それなりにイイ子になってるんじゃないかな?と思います。

だよな、ルーチョ。
出来るよな?^^


919-12.jpg


たぶんね・・・か(^_^;
おいおい、しっかり頼むよ。








ランキングに参加しています。
↓メンドウでもポチポチッとお願いします。


これが難題です。 

ちょっと前の話し。
先生に来て頂いて、日頃の練習の成果を見て頂いていた時の事です。



96-11.jpg


マズルコントロールをおとうさんがします。
坊ちゃん暴れます。

いえ、今はもう暴れたりしませんよ。
でも、あの時はイヤイヤして
大人しくマズルコントロールさせてくんなかったんですよ。
マズル 口のトコですよね。
口吻とも書きます。
ここは犬にとって大事な器官ですから、普通は触られるを嫌います。
それを 慣らして触れるようにする練習をしてたんですね。

どうもね、おとうさんの触り方がイケなかったみたい。
マズルを掴む時に力が強かったみたいで、
掴むと ルーチョはイヤイヤする。
イヤイヤするから、強く掴む。
強く掴むから さらにイヤイヤして抵抗する。
悪循環ですよ。


96-12.jpg


口吻を掴むと 興奮 するルーチョ。
ダジャレ言ってる場合じゃないよ、おとうさん(^^ゞ


ところがね、
おかあさんがマズルコントロールをすると・・・
ルーチョ暴れません。
イヤイヤすらもしませんから!
おかあさんは 優しく「イイ子だね~♪」って声をかけながら
そっと掴んでマズルコントロールするのでルーチョも安心してるんでしょう。

おかあさん合格~!
おとうさん落第(^_^;
もっと優しく、怖くないんだよ~ 気持ちいいんだよ~ ってしないとダメですねって(^_^;


96-13.jpg


これが マズルコントロールの時のおとうさんの課題。
今はもう大丈夫ですよ^^
そうーっとそうーっと掴んでやってるのでイヤイヤしませんから♪
完全ではないですが、何とか形にはなってきたかな?って感じです。



・・・ね、ルーチョ君。
今おとうさんアナタのお話してるんだから
ちゃんと聞いてて下さいよ。
それに おかあさん今仕事中(HDDレコーダーで編集作業中)だからジャマするんじゃないよ。






次が遊ばせ方の練習。
別に特別なやり方で遊ばせるわけじゃありません。
ごくごく普通に
どこのお宅でもしている遊び方と同じです。
引っ張りっこしたり 持って来いしたりとかです。

おとうさんルーチョと遊ぶのは上手いんです!
なんせ根が子供だから
ルーチョと遊ぶ時も真剣です^^
犬になったつもりで がるるる 言いながら遊ぶんですよ(笑)
いつもおかあさんに「アンタ楽しそうやね・・」っていつも言われます(^_^;


96-14.jpg


端から見るとイイ歳したオッサンが無邪気に犬と遊んでる・・・
想像しただけで笑っちゃいそうでしょ?
それくらいにテンション上げて遊ぶと犬は楽しいんだそうです。
はい、おとうさん そうゆう遊び方好きなんで全然苦になりません(^^)v


96-15.jpg



ぷぷぷ。
ところがね、おかあさんはこれが苦手^^
犬と一緒に 犬になったつもりで ハイテンションで遊ぶ・・・
出来ない人なんですよねー
どうやら照れがあるらしい(笑)
おかあさんがルーチョと遊んでるのを見ると照れがある^m^
とっても恥ずかしそうに 遊んでる^m^プププ
我を忘れて ワー♪ ウギャー♪ なんて出来ない人(笑)


おとうさんは先生に「優しく・・・」と注意され
おかあさんは「犬になった気持ちでもっと激しく遊んで・・・」と^^
それぞれに違った課題を頂きました。

おかあさんも最近は少しは出来るようになったかな? どうかな?
ん~
やっぱまだ 照れがあるように見えるんだけどな~。
おかあさんにとっては犬の気持ちでハイテンションで遊ぶ。
これが難題みたいです(^_^;





ねねね、ルーチョ。
アンタほんとに聞いてる?
さっきから おかあさんのジャマばっかりしてるよ。


96-16.jpg



96-17.jpg



だって! おかあさん^^
ルーチョ坊ちゃんのご指名ですよ♪
さささ、
遠慮なく激しく遊んでやってくださいな(笑)










ランキングに参加しています。
↓メンドウでもポチポチッとお願いします。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。