スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本GP~流し撮り前編~ 

ドキドキわくわくの日本GPからはや一週間。
強烈に大量に撮った写真の編集もやっと終わり
どうにかこうにかブログにアップ出来るとこまでこぎつけました。
下手くそな鉄砲も数限りなく撃てば意外と当たるもんだな。
そう実感した今回の日本GPでありました(^_^;

写真なんてのは本人の自己満足。
撮った本人はそれでいいけれども
それを大量に見せられる方はたまったもんじゃない。
とゆう事で、
この記事は手短かにパパッと更新して、
この次の記事でドバッと超大量にマシンの写真をアップしたいと思います。
コメ欄はこちらを開いて、
次回更新記事はコメ欄を閉じる予定です。
そうゆう事なので興味のない方は気楽ぅ~にスルーして下さいませ^^


今回の日本GPの為に新調した TAMRON SP 70-300mm F4-5.6 Di VC USD。
さてその実力は如何ほど?
そんなある種微妙な不安を持ったままレースウィーク初日を迎えます。
金曜日、パドックでライダーの出待ちをしたりマシンを撮ったりして過ごしました。
おとーさん最初は1コーナーで撮影。

1020-001.jpg

シャッター速度1/100秒。
今回の目標は前回(2010年)の時よりも遅いシャッター速度でで撮影する事。

1コーナー イン側からは金網越しでの撮影になります。
金網越しなので画像にもやっとした影が写ります、
しかもAFは金網に引っ張られ使い物になりません。
これはどんな高級レンズを使っても同じ。
なのでここは置きピンで対処です。
彼ら(GPライダー)は余程の事がない限り狙ったラインを外しません。
だいたい毎回同じようなとこを通ります。

1020-002.jpg

なので置きピンはとても有効です。

1020-003.jpg

今回撮影した写真は全てJPEG撮って出しノートリノーレタリサイズのみ。
クリックで大きい画像もご覧頂けます。
おヒマな方は大きい画像でもどうぞ^^

1020-004.jpg


1020-005.jpg


1020-006.jpg


続いて3コーナー。
ここもTAMRON SP 70-300mm F4-5.6 Di VC USDで撮影。

1020-007.jpg

イン側ゼブラのクリッピングポイントに置きピンして高速シャッターで撮影。

1020-008.jpg


1020-009.jpg


1020-010.jpg


1020-011.jpg


で、1日目はこれで終了。
おかーさんのメインはパドックに入る1日目でしたが、
撮影メインのおとーさんは2日目がメインです。
ここから写真が超!超!超!大量にあるのです。
これの編集に時間を取られエライ目に会いました(^_^;
なので2日目のおさしんは次回更新分にまとめて大量に放出します。
ええっと、
勇気のある方、ちょっと見てみます?
きっと呆れますよ(^_^;

では、コメ欄空けますので勇気ある方のコメントお待ちしております(笑)


コメント

うまいなー

置きピンてどうするのですか?
MFで決めたピント距離を動かさず撮る?
置きピンとか長時間露光とか全然知識がありません(笑)
それにしても奇麗に流れて撮れてますよー!

ブログ記事とか写真とかは自己満足でOK。
僕も同じ考えです^^

>kazuhiro-u13さん
流し撮り上手く撮れてますか?
ありがとうございます♪
上手な方から見ればおとーさんの写真なんてまだまだですが
それでもやはり褒められると嬉しいですね^^

置きピンですが、
ピント位置を自分で決めてAFさせない状態ですかね。
AFを切りにして自分でピントリングを回してもいいですし、
最初にAFで自分の置きたい場所にピントを置いてそれからAFスイッチを切るにしてもいいです。
自分のやりやすい方でOKですね^^
気をつけないといけないのは、
不用意にピントリングに触ってしまって
せっかく設定したピント位置がズレてしまう事ですね。
これはよくある失敗例です、おとーさんも何回かやりました(^^ゞ
なので時々はピント位置の確認をしないとダメですね~。

なるほどぉ

わかり易い説明ありがとうございました。
蝶なんかはそうやって撮るほうがいいのかな?

>kazuhiro-u13さん
蝶ですか、
う~んどうなんだろう。
蝶ってあまり撮らないんですが想像してみるに
花にとまるとこを花に置きピンにするか、
もしくはAF-Cでひたすら追いかける!かどちらかではないかなと思います。
ミツバチなんかだと
花で蜜を集めてるミツバチは
ごく普通にマクロレンズでAFで撮ってますけどね~。
花のとこで2~3秒ほど止まってくれるとAFで撮影出来ると思います。

こんばんは~♪
ギャラリーも見させていただきましたよ~
素晴らしい写真の数々(^^)
ボツになった写真もいっぱいあったのかな?
こういう写真ってあんまり撮る機会がないから
まずは走っていることりを上手に撮りたいなぁ~♪

>ことりパパさん
ギャラリー見て下さったんですね、
ありがとうございます♪
素晴らしい?
いえいえとんでもない!
選びに選び抜いた写真ばかりですから(^^ゞ
おとーさんボツ写真がおよそ8割とゆう8割バッターですんで(^^ゞ
走ってるとこを撮る時は、
AFは中央一点でAIサーボでひたすら追いかける!これで結構いけると思います^^
AFポイント自動選択だと、こちらが予期しない所にAFしたりするので使いにくいですよ~。
なので一番精度の高い中央一点が一番使いやすいのです^^

凄いですね~

ブレ無くの流し撮り・・・

流石な、お写真にウットリ♪

生で見ると、迫力もあるのでしょうね。

ライダーの真剣勝負・・・伝わってきます。

置きピン・・・私も、よく利用します^^v

普段から、マニュアル撮影なので便利なのですよね。
写真は、自己満足が一番!
だから、楽しいのですよね^^v

>まゆたんさん
流し撮り上手く撮れてますか?
ありがとうございます♪
おとーさん画的センスがなく
こうゆう部分でしかアピール出来ないので
必死に頑張って撮りました^^

置きピンは有効な方法のひとつですよね。
おとーさんは普段はあまり使いませんが
こうゆう通るとこが決まっているものには使いやすいです。
姫ママさんはMF派ですからある意味全て置きピンみたいものですよね^^
MFでピント調整、おとーさんには絶対無理だぁって思います。
MF出来る姫ママさんはすごいなと思います^^

フェンスが写っているのを見るとスピード感が分かりますね。
でも止まっている様に撮れるのってすごいですね。
マシンとスーツが同化する様にデザインされているのですね。
美しいですね。
TV中継しているのに後で気付いて仕舞った!と思った私です。
写真の事はよく分からないけれど、
マシンて、真横から見ると結構小さく見えますね。斜めに傾いている所は大きく見えるのに。
写真撮って、レースも観戦して、忙しいですね。
でも、うきうきなんですよね!

>masshy85さん
スピード感が伝わった、
感じられたのなら嬉しいです。
背景が流れてないと動感が出ませんから
どれだけ低速シャッターが切れるかが分かれ目です。
止めるなら高速シャッター、流すなら低速シャッター。
このさじ加減が難しいです。
スーツとマシンはスポンサードしてくれる企業のカラーを基本にしてるのが多いですね。
お金を出してくれてる企業を宣伝する!
そうじゃないと企業もお金を出す意味がないですもんね。
マシンもスーツもピットも何もかもぜ~んぶです^^
実際のマシンはかなりコンパクトです。
GPライダーって小柄な人が多いので大きく見えがちですが本物のマシンはかなり小さいですよ^^

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lucioya.blog116.fc2.com/tb.php/1047-1a3322c0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。