スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6D高感度サンプル 

こちらは桜はさぁさこれからで桜撮りにはまだちょっと早い状況。
せっかく買った6Dですから使わないと勿体無い!
とゆう訳で高感度撮影のサンプルを上げますね。
使用したレンズはEF50mmF1.4 USM
カメラ本体側NRオフ、DPP側隠れNRオンの設定で現像後リサイズしてアップしてあります。
実際の元画像はもう少しノイズが多いです。
なので少し割り引いて見て下さい。
写真はクリックで少し大きいサイズで見れます。


まずはISO6400を2枚。

ISO6400-1.jpg

びっくり画像です。
ほんとノイズ少ないですよね~。
もうね、これ見ちゃうとISO6400なんて完全実用ですもんね。

ISO6400-2.jpg

三脚立てて低感度で撮ったのかと思うくらい綺麗に撮れてます。
が、しかしこれが全部手持ちで撮ったんですよね。


続いてISO8000

ISO8000-1.jpg

これね、明るくちゃんと普通に写ってるでしょ。
ところがこれが違うんですよ。
実際は花の色が識別困難なくらい暗いんです。
どれくらい暗いかと言うと、
ファインダー覗いて11点あるFAポイントが闇にまぎれてどこにあるか確認出来ないくらい暗い状況と言えばその暗さがご理解頂けるかと思います。
そんな暗さの中、ファインダーを覗いて
「これは普通合焦しないだろ」って思う暗さでもあっさりとピッ!っとピントが合ってしまいます。
\(◎o◎)/!
なんじゃこりゃ!!です。
これでピント合うんかーーーーー!これはマヂすごいな。
これが正直な感想です。


ISO12800を2枚。
これでラストです。

ISO12800-1.jpg

夜桜ならぬ夜梅。
うーむ、恐るべし。
最近のカメラってすごいな。。。

ISO12800-2.jpg

ISO12800 自宅プリントしてみたんですが、L判プリントだとかなりいけちゃいます。

よくあるじゃないですか、
誕生会かなんかで、
部屋の電気消してケーキにローソク立てて向こう側に子供がいる、そうゆうシチュエーション。
あれがパッと思い浮かんだんですよね。
6Dくらい高感度が強いとそれも楽々撮れちゃうんだろうなぁって。
高感度に強いって事は撮影の幅が広がる。
しかし一方で、
あまり考えなくなる、写真が下手になるんじゃなかろうか?
そんな気もするんですよね(^_^;
嬉しいような困ったような。
でもまぁ高感度に強いってのは確実にアドバンテージありますね。
まだ感度上げても大丈夫ってゆう心理的アドバンテージが。
そうゆう意味ではアリかなと思います。

どうですか、
そこで迷ってるアナタ! アナタですよ!
これ見ちゃうと6D欲しくなっちゃうでしょ。
欲しい時が買い時♪
清水からダイブしちゃいましょー(笑)


コメント

これってフラッシュなし?
すごすぎます

確かに写真が下手になるという懸念もありますが確実に撮影の幅は広がりますね!
まるで暗視カメラ。
デジタルカメラはどこまで進化するのでしょうね。

>ゆうの母さん
はい、フラッシュなしです。
今のフルサイズはこうゆうのが普通に撮れます。
6D、ほんとすごいカメラです。

>u-kazuさん
暗視カメラ。
まさにおっしゃる通り!
これが普通に市販されてるカメラですもんね。
昔なら、フィルムの時代だったら考えられませんね。

いえいえ。。。

ダイブしちゃったら、終りですから~~^^

でも、やはり、オリンパスかな・・・自分。
秋にE-5の後継が出るみたいです。
ところが、心はときめかず・・・不思議です^^;

高感度に強いカメラって、魅力ですね。
花火大会や、自宅庭での線香花火とか・・・すごく、いい感じに
なりそうですね。
パパさん、素敵なお買い物でしたね^^v


>まゆたんさん
おとーさんはクレジットカード握ってダイブして6D買っちゃいましたからね。
もうここまでくると完全にカメラ沼の住人です(笑)
E-5の後継機は出るって噂出てますね。
しかし心はときめかず。
E-5自体がほぼ完成形に近いカメラですからね。
それをお持ちなんですからときめかないのも道理でしょ^^
フルサイズの魅力は何といっても高感度でしょね。
昼間に撮ったらフルもAPS-Cもそんなに違いません!!!
ってかブラインドで出されたらおそらく見分けがつく人ってほとんど居ないんじゃないかと思いますもん(^_^;

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lucioya.blog116.fc2.com/tb.php/1072-a9dbc71b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。