スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おかあさんの稲刈り講座 

実りの秋です。
たんぼの稲穂もこうべを垂れてます。


912-11.jpg


今日はおかあさんの実家の稲刈りの風景を紹介したいと思います。

編集   おとうさん
監修   おかあさん
出演   おかあさんの実家の とーちゃん・かーちゃん・あんちゃん

以上でお送りいたします。



912-12.jpg


まず、機械が入るように隅を手で刈ります。
それから機械が入って稲刈りをします。


912-13.jpg



912-14.jpg


端から順番に刈っていって中心へと向かいます。


912-15.jpg


刈り取ったお米はこうやって車に入れていきます。


912-16.jpg


モミがついたままの刈り取ったばかりのお米。


912-17.jpg


これは、全部機械で刈り取ったあと
最初に手で刈り取った稲を機械に流しているところ。


912-18.jpg


こんなに沢山のお米が!
経トラックいっぱいのお米の収穫です。


912-19.jpg


この雑草に注目です。


912-21.jpg


おかあさんがゼヒに!載せてくれと言ってた写真(笑)
おかあさんが子供の頃に
よく 「かんざし」 とか言って遊んで作ってたんだそうです^^



稲を刈り取ったら 一旦帰宅して


912-22.jpg


この乾燥機に入れます。


912-23.jpg


乾燥機で乾かすこと 約12時間。
通常それくらいの時間がかかるそうですが、
収穫したお米が濡れていたりするともう少し時間がかかるとも言ってました。


モミつきのまま乾燥させた後、
そのモミを取り除いた物が 「玄米」 です。
「玄米」 を 精米すると 「白米」 になる訳ですが、

が、

農家の方はすぐには 新米 を食べれる訳ではないんですね。
とゆうのは、農家の方は去年収穫したお米を食べているから。
去年収穫したお米は今年のお米が取れた瞬間から古米と呼ばれます。
その、家に備蓄してある古米(去年のお米ですね)を全部消費してからじゃないと今年のお米は食べれないないのです。
そうゆう理由から
お米を作っている農家だから一番最初に新米を食べれる訳ではないんです。
例年だと、
新米の収穫から 1・2ヶ月遅れで今年のお米を食べれるようになります。



と まぁ 駆け足でザザザっと説明してきました
「おかあさんの稲刈り講座」
いかがでしたでしょうか^^?




******************************************************************************
おまけ



912-24.jpg


この巨大な野菜 なにか分かりますか?
坊ちゃん分かるかな^^?


912-25.jpg


正解!!
「かもり」 です。
一般的には 「冬瓜」 と呼ばれています。
「かもり」 はルーチョ家地方の方言です。

「冬瓜」 とは、
「冬」という名がつきますが、れっきとした夏野菜の冬瓜(とうがん)。保存に適し、まるごと冷暗所に置いておけば、冬まで貯蔵できることに由来しています。キュウリと同じウリ科の植物で、さわやかな味わいが特徴的です。水分が豊富で、体熱を下げる効果もあります。

なんだそうな。


912-26.jpg


「かもりの煮物」
おかあさんの実家のかーちゃん作です。
美味かった~♪
おとうさんもおかあさんも かもり は大好き!
このくらいの量なら 二人だとペロリです^^









ランキングに参加しています。
↓メンドウでもポチポチッとお願いします。


コメント

こちらにまで 稲穂のいい香りがしてきそうです。
って 実際に知ってる田舎人しか わからないでしょうけど・・。^^;
カンザシも 知ってるよぉ♪ よくそうやって遊んだ記憶もありますよ!

農家の友人が これからの時期とか お米をくれたりする機会があります。
仰るとおり 古米!消化の手伝いをといただきます。
新米 食べれないそうですね。先ずは古いものを!
せっかく 汗して作った本人なのにね・・。

もう稲刈りなんですね。
すご~く機械化が進んでいるのね。
今、てで色々やっているのはダッシュ村ぐらいかな?

冬瓜は「かもり」っていうんだ。
今部屋でカナブンが飛んでます。

ルーチョおかあさん、『かんざし』懐かしいな~♪ひっぱりすぎると取れちゃうんですよね。学校帰りによくやりました。
昨日、飲みすぎてしまって・・お見合いのことをぶちまけてしまいましたが、数字が間違っていました~。19年前でした~。16年前だと今の旦那様と結婚した翌年でした~。飲み過ぎ注意ですね。反省しましたv-356

遅ればせながら……
ルーチョちゃん、二歳の誕生日、おめでとうございますー!!
ルーチョちゃんにとって、健やかで楽しい一年になりますように。
遅くなっちゃってごめんなさいねm(__)m

私も、米どころに住んでいるのですが
稲刈りの過程って見たことがありませんでした。
お米ってこういうふうにできているのね~(^-^)
農家の方々に感謝しなくては、と思います。

冬瓜、おいしいですよねー!
私もつい最近、食べたばかりです。
ルーチョパパさんの地方では「かもり」っていうんですね。

こんばんわ♪

『へぇ~ほぉ~ふむふむ』と1人呟きながら読んでしまいました~(^ー^)
NHKの番組か教科書を見てる気分になれました
ママさんの御実家の方々 お疲れ様でした~m(__)m

ところで こんなにコマメにを撮ってらしたパパさんは何をされてたのかしら???( ̄▽ ̄)

ルーチョ君も美味しいお米いっぱい食べてさらにパワーアップしちゃってね

稲刈り・・・!収穫の秋ですね。
ふむふむへぇ~と勉強になりました。
雨に濡れた稲穂、刈ったあとどうやって乾燥させるのかな?と、思っていました。こうやって時間と手間をかけて届くお米。大切に味わって食べないと。
感謝です。農家の人は新米すぐに食べれないんですね。

分かりやすかった~。石川県滞在中は「気付けば稲穂が黄金色に輝いていて、気付けば刈られてた」って感じだったので、実際に作業をしている姿は見かけなかったのです。大変お勉強になりました♪
そっかぁ、農家の方たちが1番に新米を食べられる訳ではナイのですね。1番に食べていただきたいな。
ちなみに私は玄米派です。慣れてしまうと、あの歯ごたえがタマラないのです。ルーチョ家は毎日美味しいお米を食べてるんだろうなぁ。ルーチョ家の皆さまは精米派ですか?
「かもり」って呼ばれてるのは初めて知りました。私も「冬瓜」大好きです。実家は東京(両親は生粋の江戸っ子)なのですが、なぜか母は夏になると冬瓜を買ってきて美味しく料理をしてくれました。調理するまで台所にドカンッと置かれている冬瓜は、他にはナイ存在感ですよね。東京では、あまり冬瓜は家庭で食べられてないと思います。
新鮮な野菜やお米、お魚が食べれられる石川県は本当に羨ましいです☆

もう稲刈りが始まりましたか?
こちらは10月頃から本格化しますよ。
今の季節は芋煮会がピークを迎え、
河原のあちこちで、おいしい湯気と匂いが漂います。
冬瓜、おいしそうですね!

>アバウトさん
稲穂の匂いって都会に住んでると中々感じられない匂いですよね。
ウチのような自然がいっぱいたんぼがいっぱいのトコだとごくごく普通にあるんですけどね~。
アバウトさんも「かんざし」派なんですね!
女の子は子供のころみなこうして遊んだみたいですねー^^
そうそう、農家の方々は丹精込めて作ったお米を一番には食べれないんですよね。
ホントは一番に食べて頂きたいのにね。
アバウトさんは古米消費のお手伝い?
古米と言えども農家の友人さんとこでキチンと保存されてたお米なら市販のものより格段に美味しいでしょうね♪

もう稲刈りのシーズンなのですね!!
稲刈りの様子って、全然知らなかったので、
とても興味深く読ませていただきました~
本当に、苦労して作られたお米、
大事に食べないともったいないですよね~
古米だって、きっとご自分のところで
作られたお米って、私たちお店だ買うのよりも
ずっとおいしいのでは。。。
感謝して、いただかなくては!

>masshy85さん
稲刈りは機械じゃないとやってられなみたいですよ。
手で稲刈りするのは機械の入る余地のない小さなたんぼくらいでしょうね。
「かもり」、全国的には「冬瓜」です。
金沢でも「冬瓜」と言いますから。
なので「かもり」とゆう言い方はルーチョ家地方のその辺だけですね^^
んで、カナブンがぶんぶん?(笑)
カナブンなら特に害はないけど、
妙にうっとうしくないですか?(^_^;

>ブランママさん
こちらにも「かんざし」派の方が^^
やはり女の子はどこでも同じ遊びするんですね~。

昨日のコメントのブランママさん、
いつもとキャラクターが違ってましたもんね(笑)
でも、それもブランママさんの一部!
別に恥ずかしがることもないのでは^^?
ただ、やはり飲みすぎは…ね。
いい気分に酔っ払って余計なポカしないように注意して下さいね~(^_^;

>ミユミユさん
ありがとうございます♪
ルーチョの為にこうしてお祝いメッセージ頂けるだけで有難いんですから♪
だから気にしないで下さいね!

ミユミユさん米どころにお住まいなのですね。
だったらとれたての新米は美味しいでしょう♪

「冬瓜」美味しいですよね。
こちらでは「かもり」なのですが、
金沢ではやっぱり「冬瓜」なんです。
なので「かもり」とゆう言い方はルーチョ家のある地域だけみたいです(笑)

>kaotaさん
そうなんですよー、
お米って農家の方々がこんなにも苦労して収穫してくれてるんですよ。
この収穫風景ですが、写真はおかあさんが撮ってました。
その時おとうさんは会社で仕事してましたから(^_^;
なので、お手伝いしておらんのですよ、あはは(^^ゞ
そう言えばルーチョにお米食べさせたことないんですよ。
今度手作りする機会あったらどんな反応するか試してみるのも面白いかも^^

>さきさんさん
こちらでは稲刈り真っ盛りですよ。
9月は台風の時期でもあるので台風が直撃する前に収穫してしまわないと大変な事になりますからね~。
そうそう、農家の方々が丹精込めて作ったお米ですからね、大切に1粒残らずきれいに食べないとバチが当たりますよね!
本当は農家の方に一番に食べて頂きたいのに。
農家の方々には感謝しないとイケナイですね^^

>ぷるーさん
あれだけ苦労してお米を作っても
農家の方々は一番に食べれない…
ぷるーさんのおっしゃる通り一番に食べて頂きたいですよね!
ぷるーさんは玄米派なんですか。
ウチは白米派です^^
玄米は健康にイイって分かってるんですけど普段食べないんですよねー。
「冬瓜」美味しいですよね。
ルーチョ家も冬瓜は大好きです♪
と…言っても、調理されたものを頂いてばかりなんですがね(^^ゞ
東京の家庭では冬瓜はあまり食べないんですか?
へー、そうなんだ。知らなかった~。
美味しいものがいっぱいある北陸は住むにはイイとこですよ~♪

>ごん太さん
そちらは稲刈りは10月からなんですね。
地域によってずい分収穫時期が違うものなんですね。
「芋煮会」。
山形の秋の味覚ですね^^
芋煮会は全国的に有名ですよね!
あの大鍋で作られる芋煮を一度は食べてみたいもんです^^

>リリーママさん
こちらでは台風が来る前にお米を収穫します。
農家の方々が苦労して作ったお米ですから、
大事に大事に、1粒残らず食べたいですね!
もう新米の時期なので、去年のお米は古米と呼ばれますが、
それでも保存がしっかりとしてるので普通に買うよりも
ずっとずっと味の良いごはんを楽しめますよ♪
農家の方々には感謝しないと!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lucioya.blog116.fc2.com/tb.php/350-5c84b6f8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。