スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チョムとポチ 

今日もとっても良いお天気だったルーチョ家地方です、こんばんわ。
でも明日からお天気崩れるみたい。
またまた不安定なお天気になりそうです。


さて と、
唐突ではありますが、
みなさん小学校の時に書いた作文だとか詩集とかって持ってます?
あれは 恥ずかしいですよね~。
大人になって読み返したりすると
エー こんな事書いてたんだー! ってなっちゃいませんか?(^_^;

それがね、出てきたんですよコレが。
おかあさんの子供の頃に書いた詩なんですけどね、
何でも実家に行った時に偶然見つけたらしいんですよ。
それで持って帰ってきたんだとか。
おかあさん めっちゃウケながら
自分の書いた詩を読んで大笑いしてました^m^

おかあさんが小学校6年の時だから12才ですか。
その頃に書いた詩なんですと。

12才だから・・・今から何年前だ?
えっと・・・


0330-11.jpg


ルーチョ ナイス♪
そうだよ、15年前でした15年前 ^m^

おかあ~さ~ん!
おとうさんチョットだけ サバ読んどいたからな。
おニューのカメラよろちくね(笑)


お待たせしてる事でもありますし
そろそろ おかあさんが12才の時に書いた詩を披露しましょうかね。
ええ、ちゃんとおかあさんの許可はとってありますよ^^

タイトルは 『チョムとポチ』
では、いってみよ~!


『チョムとポチ』

チョムはねこ。
ポチは犬。
ぜんぜん仲がよくない。
ポチがえさを食べているとき
よくチョムがポチのえさを食べにくる。
ソロリ ソロリ ようじんぶかく。
こんな時、ポチが気付いたら
「ワン」
チョムはすっとんでどこかへ行ってしまう。
ポチはそんなとき いじわるな目で
いいきみ と心で笑っているみたい…。
今、いちばんねがうことは
チョムとポチが仲よくなってほしい。



・・・・(笑)

おかあさん アンタ面白いわ~♪
もうサイコー(^^)v

なっ ルーチョ。
アンタのおかあさんサイコーに面白いな~^^
もうステキに面白いよな?^^


0330-12.jpg


これこれ。
それを言っちゃあオシメエよ(^_^;










ランキングに参加しています。
↓メンドウでもポチポチッとお願いします。

コメント

パパさん 申し訳ないけれど 笑えませんよぉ~。
いい詩です。
子供心ながら わんにゃんの心情を想像し
それを心配してる優しい12歳の少女がそこにいますね。
笑える詩ってのは 私が12歳の時に書いて
なんと 間違ってなんかの賞をもらってしまった
「いびき」って詩ですよ・・。(ーー;)
家族全員のイビキの様子を書き 一族の恥をさらしまくったという
それこそ アホらしい詩でしたよ。^^;
残ってなくて よかった。
多分母は 腹立てながら捨てたはずですから!(*^^)v

こんばんわ♪

ママさんの詩、素敵ですよ~v-425
12歳の時に書かれたとは、また凄いv-425
何となくだけど映像が浮かんできましたもんv-398
それにしてもルーチョ君の
「15年くらい前にしとけ。」には思わずプフッと笑ってしまいました( *´艸`)
あ、これも内緒にしといてくださいね
ママさんに怒られちゃうから~(^^;)

↓ルーチョコちゃん、スカート似合ってるよ~v-343

なんだかその様子が目に浮かんでくる素敵な詩じゃないですかぁ
純粋な思いが伝わってきます。

うちのパパ、つくば万博の時に10年後の自分宛てに手紙を書いたんですが、それが届いて大笑い!
語尾が「~どえす!」ってなってるんですよぉ
もう家のパパもホントウケるでしょ。

ルーチョお兄たん・・・
スカート可愛いです(*^_^*)
お姉たんと呼びたいくらい♪

これって実話なのでしょうか?
「チョム」なんて名前の付け方が斬新な感じ!
すごい上手ですよ。
子どもの素直な目でポチの心の動きまでとらえてる気がします。
おかあさん、開花してない才能があるんじゃないですか?笑

>アバウトさん
あららら、笑えませんか。
でもこの詩を書いた当の本人のおかあさんは思いっきり笑っていたんですが(^_^;

アバウトさん「いびき」ですか^^
確かにそれは笑えるかもしれません。
でも子供らしい観点だと思いますよ~。
まぁ、親からすれば一族の恥を~ってなっちゃうかもしれませんけど(笑)
けどその詩で賞をとったんですよね?
だったらスゴイじゃないですか^^
もっともっと自慢してもいいと思いますよー(^O^)/

>kaotaさん
あら、こちらにもお褒めのお言葉が。
なんで?
どうして?
この詩を書いた本人のおかあさんは大笑いしてるとゆうのに(^_^;
この詩を書いたのが12才。
今の頭の中身も…いやいや、これ言っちゃあおとうさんシバかれちゃいそうです^_^;
15年くらい前にしとけ。。。
いくら何でもちょーっとサバ読みすぎでしたかね。
失礼しました(^^ゞ
だからkaotaさん全然気にしないで下さいね。
おかあさんもサバ読みすぎだよ!って言ってたくらいですから(笑)

>シルマママさん
素敵な詩ですか。
意外な事におかあさんの詩が高評価を得ていますね~。
なんでだろう~。

「~どえす」
パパさんとってもお茶目な方なんですね(笑)
これはいい事ですよ^^
つならない大人になるより、
子供っぽい部分も残して大人になる方が人間味がありますからね!

ルーチョお姉たん(笑)
お兄たんでもお姉たんでも
呼びたい方で呼んでくださって結構ですよ^m^ワハハ

>きゃらめるママさん
はい、実話です。
ほんとにほんとのお話なんです^^
おかあさん「斬新」?それとも「奇抜」?
この辺りの感性はルーチョ服のリメイクにも現れてる感じがしますね^m^
おかあさんに開花してない才能?
ぷっ。
そんなのあるのかな~。
長年一緒に暮らしてますが
とんと思い当たるところがないんですけど(笑)

猫と犬を一緒に飼っていたのね。
それはすごく仲良くなるか、悪いかどっちかだわよね。
12歳の少女は仲良くなることを願っていたのね。
きっとママさんは詩には書かれていないその時の様子を思い出してたんじゃない?
それで笑った?

>masshy85さん
そうそう、
おっしゃる通り犬と猫のコンビだと
仲が良くなるか悪くなるかのどっちかですよね。
おかあさんの実家の場合は後者だったとゆう訳ですね(^_^;
子供のころと今とでは、全く同じ状況を見たとしても考え方や感じ方が違うことに気づいて自分で自分に可笑しかったんだと思いますよ。
あと…
才能の無さに(笑)
おかあさん自分で言ってましたもん(^_^;

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lucioya.blog116.fc2.com/tb.php/515-02fe5d11

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。